| HOME | おきなが明久プロフィール |

更新日 2016-11-19 | 作成日 2008-05-11

04.gif

okinaga8.png

おきなが明久プロフィール

生年月日・出生地
1958年11月25日 福岡県北九州市小倉北区
小学校時代
北九州市門司区立田の浦小学校入学
2年の時に福岡県京都郡苅田町立南原小学校へ転校
中学時代
福岡県豊前市立千束中学校入学 クラブ活動は、野球部
このころ、地元の海を埋め立て火力発電所建設が強行される。作家の松下竜一さんが中心となって全国初の「環境権」訴訟に。
このことをきっかけに環境問題、社会問題に関心を持つようになる。
高校時代
福岡県立築上中部高校入学 クラブ活動は新聞部、演劇部
社会問題への関心から新聞部へ。部室が隣にあったことから演劇部へ。
関心はしだいにバイクと音楽に。
大学時代
立命館大学法学部入学 サークルは、新演劇研究会
しかし、演劇サークルに入るものの、社会問題・政治問題へ急速に傾斜。
学校内外問わず、様々な運動に参加するようになる。
会社員時代
製瓶メーカー、配食会社などに勤務 労働組合活動に参加
そのかたわら地域で様々な市民運動にも参加
市議会議員
<1期目>
1996年座間市議会議員選挙に初挑戦2位当選
市民の世論と行動を共に、議員提案の地下水保全条例の制定。
品川白煉瓦火力発電所建設計画の白紙撤回を実現
公共工事談合事件では、入札制度改革を提案、3年間で25億円の税金の無駄をなくす。また建設業者を相手取って、市への損害賠償請求の裁判を行う
<2期目>
2000年 座間市議会議員選挙に二人の新人と共に再選。 市民の党3人全員当選を果たす 市幹部職員による情報漏えい、脱税ほう助事件では、一部幹部職員の腐敗を徹底して追及
ごみ問題では、10年間で50%の削減計画=燃やして・埋める ごみ処理から、資源循環型 への転換策を提案。行政の基本計画として取り入れられる。 交通対策特別委員会の設置を提案。「コミュニティーバス 運行計画の提言」を取りまとめ、全会一致で議決される。
<3期目>
キャンプ座間への米・日新司令部の移転など基地強化に反対する議会意思をリード。
合計8回にわたる国への意見書、決議の提案を行い、すべて可決される。
各種団体への不適正な補助金支出などを指摘、座間市初の行政監査を実施させ、改善させる。不適正な随意契約工事の指摘、ガイドラインを策定させる。
企業誘致条例、指定管理者条例、協働街づくり条例の不備を指摘、修正案(対案)を議員提案する。
<4期目>
座間市第4次総合計画特別委員会委員長をつとめ、計画策定段階における議会側からのチェック、提言などを行う。
議会改革調査検討会、議会改革特別委員会委員として、議会改革について様々な改革案を提案。「市議会と市民の意見交換会」を実現させる。 精神障がい者の医療費助成、重度障がい児レスパイト事業(一時預かり)、精神障がい者の要約筆記人人材育成講座事業を実現
福島第一原発事故以降、市内の空間放射線量測定、学校給食などの放射性物質濃度測定、放射線量の高い日光から修学旅行先の変更を求めるなど、市の放射線対策を求める
ボランティア選挙
選挙は、すべてボランティアとカンパの選挙
特定の企業、労働組合、宗教団体、業界団体のヒモがついてないからこそ、何も恐れず、本当のことを主張。
現在
ざま市民の党代表
家族構成
妻、長女、次女、猫一匹 立野台2丁目在住
趣味
草野球(市内チームB,Bに所属)
トレッキング(山歩き)、映画を見ること(好きな俳優は、ジョディ・フォスター、キャシー・ベイツ
愛車
ホンダ・ジャイロアップ(50㏄屋根付き、青ナンバー)
ヤマハ・マジェスティ(250㏄)
好きな食べ物
ラーメン。第一は;天下一品(京都が発祥の地で、学生時代からファン)
そのつぎは大和の猫トラ亭

facebook.png

weblog.png

facebookokinaga.png

hatena.png